投手の左向と岩間は、2年生の時からダブルエースとしてチームを支えてきた。入学以来ライバルとしてしのぎを削り、実力はほぼ同じ。これがチームの強みだ。

 昨年9月の秋季近畿県予選は1次予選の3回戦で日高に1―3で敗れた。この悔しさを忘れず、一人一人がテーマを持って冬場の練習を乗り越えた。中瀬学監督(39)は「12月下旬に5日間やった追い込み練習で大きく成長した。選手たちも、練習すればうまくなることを実感したのではないか」と話す。

 攻撃の中心は、1年生の時からレギュラーの蓑田と中軸を担う中本。共に長打力がありチャンスに強い。

<記事全文を読む>