「落ち着いていくよー」「ナイスピッチング」―。沖縄市のコザしんきんスタジアムの1回戦でひときわ大きな声を響かせていたのは4月に就任した石川の東佳奈子監督(42)だ。県内高校の硬式野球部の監督を女性が務めるのは史上初だ。率いるのは夏の大会が終わるまで。選手たちと少しでも長く野球がしたいと、きょうもノックバットを握る。

 「選手より緊張していた」と言うが、初回から采配が的中する。好機と見るやスクイズを指示。「とにかく1点」との方針を貫き先制し、完封で逃げ切った。

 沖縄水産が夏の甲子園で連続準優勝を果たしたのが中学時代。県勢の大活躍...    
<記事全文を読む>