プロ野球阪神タイガースや高校野球の関連グッズを手掛けるシャープ産業が7月1日、神戸市東灘区本山南町6の本社内にグッズの常設展示場「VGLAD(ブイグラッド)」を開設する。ペナントやタオル、メガホンなど約400点が並び、半世紀以上にわたる野球関連グッズの歴史を回顧できる。

 同社は1957年創業。65年に阪神球団の公認グッズや高校野球出場校のペナントの製造を始め、現在も甲子園球場などで販売している。「スポーツの勝利と喜びは永遠の記念・宝物」の理念と2017年に89歳で他界した創業者の故小林勝喜氏にちなみ、「V(勝利)GLAD(喜び)」と名付けた。

 常設展示場には...    
<記事全文を読む>