全国高校野球選手権石川大会の組み合わせ抽選会が二十六日、津幡町文化会館シグナスであり、令和になって初の大会に出場する四十四チームの対戦カードが決まった。第一シードの星稜は七月十五日に七尾東雲と、第二シードの日本航空石川は同日、石川工と対戦する。(小川祥)

星稜-七尾東雲 航空石川-石川工

 優勝候補の星稜・山瀬慎之助主将は「これまでの夏と違って主将としての思いもある。日本一になって終わるためにも勝ちきりたい」と意気込んだ。日本航空石川の北島康誠主将は「(石川工と)秋大会でもぶつかって打ち合いになった。今回は最少失点で大差を...    
<記事全文を読む>