第101回全国高校野球選手権岩手大会の組み合わせ抽選会は26日午後1時から、盛岡市永井のキャラホールで行われる。新元号・令和初の甲子園出場を目指し、66チームの対戦相手が決まる。

 春王者の花巻東は第1シード、盛岡四が第2シードに入る。第3シードはセンバツ出場の盛岡大付、第4シードは専大北上となっている。一関学院、一関一、久慈、久慈東と一関勢2校、久慈勢2校が残るシード枠に入る。

 注目のエースを擁する大船渡など、今大会はノーシードにも実力校が多い。混戦が予想され、組み合わせにも関心が集まっている。

...    
<記事全文を読む>