鉾田一高野球部を春夏3度の甲子園に導き、茨城県高野連理事長も歴任した天野清二さんが21日、亡くなった。77歳。名将の訃報に、関係者から悲しみの声が聞かれた。

天野さんは北海道函館市出身。下館一高の監督を経て鉾田一高に赴任すると、1976年春に同校を初の甲子園に導いた。同年夏、82年夏にも甲子園に出場。98年から4年間、県高野連理事長を務めた。99年から2年間は、関東高野連の理事長も歴任した。

76年春の選抜大会初戦でノーヒットノーランを達成した戸田秀明さんは「熱い人だった。一生懸命、休みなしに練習に付き合ってくれた」と懐かしんだ。同年夏に勝てな...    
<記事全文を読む>