今年3月、呉高野球部が2度目の選抜高校野球大会への出場を果たしたことを記念する碑の除幕式が23日、呉市阿賀中央の同校であった。選手や保護者たち約30人が完成を祝った。

 御影石製で野球ボールをかたどった。同校のスローガン「高き夢をいだけ、そして君が夢みた君になれ」にちなみ「夢」の文字を刻んだ。部の関係者55人の名前も入れ、2017年の初出場を記念して建てた「信」の碑の隣に設置した。

 今年の選抜大会は惜しくも初戦で敗退。だが持ち前の粘り強さで延長戦まで持ち込んだ。3年の上垣内俊早(はやて)主将(18)は「1試合1試合を大事に戦い、もう一度甲子園に出場したい」と力...    
<記事全文を読む>