第101回全国高校野球選手権静岡大会の組み合わせ抽選会が22日、清水マリナートで行われ、112校111チームの組み合わせが決まった。開会式は7月6日午後1時から草薙球場で行われ、選手宣誓は伊豆総合の谷口悠主将が務める。開会式直後の開幕戦(午後2時50分開始)は東海大翔洋―聖隷クリストファーが対戦する。日程が順調に進めば27日に決勝を行う。
 
 各チームの実力が伯仲し、混戦模様の今大会。第3シード常葉大橘と第5シード静岡商のブロックは好投手、好打者を擁する強豪校がひしめく最激戦区となった。常葉大橘の佐野主将は「つぶし合いになるけれど、どこが相手でも挑戦者の気持ちで戦...    
<記事全文を読む>