第101回全国高校野球選手権鹿児島大会の組み合わせ抽選会が22日に行われた。70チームが参加して7月6日に開幕し、同23日に決勝が行われる予定。

 昨秋、今春の鹿児島大会を制した神村学園がリードしている。2年生エース田中瞬太朗を中心に守りは堅く、打線は1番森口修矢(3年)ら長打力のある打者がそろう。51年ぶりにNHK旗で優勝した鹿児島城西は本格派右腕の小峯新陸(同)らタイプの違う投手が複数そろい初の甲子園を狙う。今春準優勝の鹿児島実、4強の尚志館は攻撃力が高い。枕崎はエース上野の復調に期待がかかる。樟南、鹿児島情報、鹿屋中央も底力がある。

...    
<記事全文を読む>