第101回全国高校野球選手権鹿児島大会の組み合わせ抽選会が22日、行われた。70チームが参加して7月6日に開幕し、同23日に決勝が行われる予定。甲子園初出場を目指して燃えているのが、昨秋、今春の鹿児島大会8強で、左腕の上野倖汰(3年)を擁する枕崎だ。昨秋に左肩を痛めた上野がキャッチボールを再開したのは今年4月だが、急ピッチで調整して夏をにらむ。学校がある枕崎市が人口減少に悩む中、「街を盛り上げるためにも甲子園へ」とエースは意気込む。

 左肩痛に苦しめられた本格派のエースに笑顔が戻ってきた。上野は投げられる喜びを胸に抱き、鹿児島大会に向けて必死の調整を続ける。

 ...    
<記事全文を読む>