第101回全国高校野球選手権長野大会の組み合わせ抽選会は22日、安曇野市の安曇野スイス村サンモリッツで行われ、参加84チームの対戦相手と試合日程が決まった。

 春季県大会1回戦を突破したベスト8校がAシード、敗れた8校をBシード校とした。春季県大会を制した第1シードの東海大諏訪の初戦は、中野立志館―上田東の勝者が相手。第2シードの東京都市大塩尻は、岡谷東―佐久平総合技術の勝者とぶつかる。2連覇が懸かる第8シードの佐久長聖は、箕輪進修・阿南―松商学園の勝者を迎える。

 7月6日に松本市野球場で行う開会式の選手宣誓は、飯田の木下旭主将が務める。開...    
<記事全文を読む>