第101回全国高校野球選手権茨城大会(7月6日)の組み合わせ抽選会が21日、水戸市千波町のザ・ヒロサワ・シティ会館(県民文化センター)で行われ、開幕試合の玉造工-江戸崎総合など、出場100校93チームの対戦カードが決まった。

開会式の選手宣誓は、西暦の2019年にちなんで19番の抽選札を引いた江戸川学園の飯塚草太主将(3年)が行うことになり、「野球に対しての自分の思いを率直に伝えたい」と意気込んだ。開会式は7月6日の午前9時、開幕試合は同11時10分から行われる。

大会はノーブルホーム水戸をメインに、ひたちなか市民、ジェイコム土浦、日立市民、笠...    
<記事全文を読む>