第101回全国高校野球選手権大会(8月6日から16日間・甲子園)の出場権を懸けた南・北北海道大会は、22日に函館、室蘭両支部を皮切りに道内10支部で予選が始まる。昨年よりも5チーム、3校少ない190チーム、211校が出場する。連合チームは2~5校で組む10チームとなった。

 各支部予選を勝ち上がったチームが南大会(7月15~21日・札幌円山)、北大会(7月13~19日・旭川スタルヒン)に進出。両大会の優勝校が甲子園に出場する。

...    
<記事全文を読む>