第101回全国高校野球選手権大会北北海道大会十勝支部予選(道高野連など主催)の組み合わせ抽選会が12日、帯広の森野球場で行われ、出場19チームの対戦相手が決まった。

 夏の甲子園につながる同予選は23日に開幕。A、B、Cの3ブロックに分かれてトーナメント戦を行う。十勝支部に加盟する21校が出場し、更別農、大樹、幕別清陵の3校は連合チームとして参加する。

 23~27日に1回戦と準決勝、29日に代表決定戦を行う。シード校は春の支部予選4強の帯大谷、白樺、帯農、帯三条で、それぞれ準決勝から登場する。各ブロックを制した3チームが7月13日に旭川スタルヒン球場で開幕する...    
<記事全文を読む>