県高野連は十二日、七月十三日に開幕する第百一回全国高校野球選手権岐阜大会に山県、羽島、東濃の三校による連合チームが出場すると発表した。夏の甲子園を目指す岐阜大会に連合チームが出場するのは初めて。六十八校から六十六チームが出場することになった。

 十二日に日本高野連の会合で、連合チームの申請が承認された。山県の野球部員は五人(うちマネジャー一人)、羽島は六人、東濃は五人(同二人)。

 県内では数年前から、秋と春の地区大会に連合チームが出場。部員が九人に満たない学校では夏の岐阜大会に向け、他の部活から「助っ人」を集めたり、途中入部を募ったりしてメンバーをそろえ、前回...    
<記事全文を読む>