夏の甲子園出場をかけた第101回全国高校野球選手権大会北北海道大会の旭川支部予選の組み合わせ抽選会が11日、旭川スタルヒン球場で行われた。25日に同球場で開幕する。

 支部予選には昨年、上富良野と合同チームを組んだ東川が部員確保できたため、単独で参加する一方、上富良野は部員不足で出場を見送った。このため、昨年より1校少ない19校がA~Dの4ブロックに分かれて対戦する。出場チーム数は昨年と同数。

 春季支部大会でベスト4入りした旭大高、旭明成、旭北、旭東がシード校となった。

...    
<記事全文を読む>