第66回春季東北地区高校野球大会は最終日の11日、山形県中山町の荘内銀行・日新製薬スタジアムやまがたで決勝を行った。秋田県第1代表の明桜と対戦した青森県第2代表の聖愛は延長十回、1死一、二塁の場面で主砲・櫻庭が左中間に適時打を放ち、5-4のサヨナラで初優勝を果たした。

...    
<記事全文を読む>