春季東北地区高校野球大会は10日、山形県野球場で準決勝2試合があり、弘前学院聖愛(青森第2)と明桜(秋田第1)が決勝に進んだ。
 弘前学院聖愛は激しい点の取り合いの末、仙台育英(宮城第1)を7-6で破った。明桜は序盤のリードを守って鶴岡東(山形第1)を3-2で退けた。
 最終日の11日は午前10時に同球場で決勝がある。

 ▽準決勝

弘前学院聖愛(青森)200001202=7
仙台育英(宮城)  001111020=6


 【評】弘前学院聖愛が激しい打撃戦を制した。5-6の九回1死二...    
<記事全文を読む>