第66回春季東北地区高校野球大会第2日は7日、山形県の荘内銀行・日新製薬スタジアムやまがたと、きらやかスタジアムで2回戦6試合が行われ、本県代表の学法石川は東北(宮城第2代表)に3―2で逆転勝ちした。

 大会第3日の8日は悪天候が予想されるため、9日に順延となった。9日は準々決勝4試合が行われる。きらやかスタジアムの準々決勝第1試合(午前10時開始予定)で学法石川が明桜(秋田第1代表)と対戦。東日大昌平は荘銀日新スタジアムで行われる準々決勝第2試合(午後0時30分開始予定)で仙台育英(宮城第1代表)と対戦する。

...    
<記事全文を読む>