高校野球史上最速163キロを誇る佐々木朗希投手(岩手・大船渡)の争奪戦が早くも熱を帯びている。日本ハムの吉村浩ゼネラルマネジャー(GM)は2日「間違いなく(今秋のドラフト会議で)1位指名する」と12球団のトップを切って明言した。その年一番の選手を敢然と指名する独自路線で知られる日本ハムの異例のスピード表明によって、名実とも目玉選手に位置づけられた。
 「圧倒的。あまりにも能力が違い過ぎる。ほかと比較検討するレベルでない」。吉村GMは絶賛した。球団は2012年、米大リーグ希望だった岩手・花巻東高の160キロ右腕大谷翔平(エンゼルス)を強行指名し、打者との二刀流選手に育て上げた。...    
<記事全文を読む>