第66回春季東北地区高校野球大会は6日、山形県中山町の荘内銀行・日新製薬スタジアムやまがたなどで1、2回戦4試合が行われ、開幕する。県勢は第61回大会の花巻東以来となる5年ぶりの春の東北制覇を目指す。

 東北6県の18校が10日まで、熱戦を展開する。本県からは第1代表の花巻東(2年連続13度目)、第2代表の盛岡四(6年ぶり3度目)、第3代表の盛岡大付(2年ぶり15度目)が出場する。

 6日の県勢は盛岡大付が登場。1回戦で日大東北(福島第3)と対戦する。

...    
<記事全文を読む>