第百四十回北信越地区高校野球大会が一日、富山県内の二球場で開幕した。初日は一回戦四試合が行われ、県代表の敦賀気比(福井2位)が日本航空石川(石川2位)を退け、八強入りを決めた。

 第二日の二日は準々決勝四試合が行われ、福井工大福井(福井1位)が富山第一(富山2位)、敦賀気比が高岡第一(富山1位)と対戦する。

◆木下選手が適時打

 先発笠島投手の快投で、敦賀気比が日本航空石川に完封勝利した。

 敦賀気比は、笠島投手が130キロ台の速球を軸に次々と相手打者を打ち取った。六回以降は変化球を効果的に織り交ぜ...    
<記事全文を読む>