春季全道高校野球第5日は1日、札幌円山球場で準決勝2試合を行い、決勝は28年ぶりに室蘭支部勢による顔合わせとなった。苫工は札国際情報(札幌支部)を接戦で下し、優勝した1996年以来23年ぶり6度目の決勝進出。駒大苫小牧は今春の選抜大会出場校の札第一(札幌支部)を退け、2年ぶり6度目の優勝を目指す。

 決勝は2日午前10時から同球場で行われる。

...    
<記事全文を読む>