支部予選では3試合で先発して計24回を投げ、自責点1と好投した苫工のエース松本。釧湖陵は打球を遠くに飛ばす技術があるチームだと事前に分析し、捕手の三上謙と試合前に「高めの直球でフライアウトを取っていこう」と話し合っていた。

 しかし立ち上がりの制球が定まらず、初回に釧湖陵の先頭斎藤(3年)、3番堀(3年)に四球を許し、レフト前に打たれて先制点を許した。「緊張して投球フォームが崩れ、球を放る感覚が狂ってしまった」と反省する。

 松本を援護したのは味方打線。二回に先頭の加藤(2年)が出塁すると、四球などで走者をため、女房役の三上謙が満塁弾を放ち、この回に5点を奪った...    
<記事全文を読む>