春季全道高校野球第4日は30日、札幌円山球場で準々決勝3試合を行い、4強が出そろった。駒大苫小牧(室蘭支部)は主戦北嶋の好投で旭大高(旭川支部)を退け、2年ぶりの準決勝進出。苫工(室蘭支部)は釧湖陵(釧根支部)に六回コールド勝ちし、23年ぶりのベスト4。札第一(札幌支部)は小刻みに得点を重ね、滝川西(空知支部)を振り切った。31日は休養日で、準決勝は6月1日に行う。

...    
<記事全文を読む>