一回2死一、二塁で打席に立った旭大高の富田(3年)は初球、甘く入ったスライダーに力まずバットを合わせた。

 「瞬間、『いったな』と思いました」。打球は左翼席に飛び込み、3点本塁打に。4点先制された場面を一気に1点差とした一振りは、自身初の公式戦本塁打だった。

 今大会、打順を固定せず選手の力量をみる端場監督の方針で、1回戦の6番からこの日は5番に座った。三回にも二塁打を放つ活躍。だが富田は「来た球をただ打とうと思っただけ」と冷静に振り返った。

 しかしその後は、三回途中からマウンドに上がった駒大苫小牧の主戦北嶋を攻略できず無安打。チームも凡打と三振を...    
<記事全文を読む>