旭大高の主戦能登(3年)は13安打を浴びながらも完投し、チームを勝利に導いた。課題だった制球力が向上、札新川打線から8三振を奪う一方、1死球しか与えない力投を見せた。

 140キロ台の直球に、カーブやチェンジアップを織り交ぜた。「今日は外角の直球が決まり、三振で試合を作れた」と振り返る。端場雅治監督は「四死球も最小限に抑え、よく踏ん張った。今日は100点に近い」と好投をたたえた。

 五回は1死から二塁打を打たれたが、後続を連続三振に仕留めた。「打たれた直後は、ギアを上げて投げることを意識した」と話す。練習時にコーチから「ピンチの場面で力んでいる。力を抜くように」...    
<記事全文を読む>