第66回春季高校野球東海大会最終日は26日、草薙球場で決勝を行った。浜松商(静岡1位)は津田学園(三重1位)に4-5でサヨナラ負けを喫し、33年ぶりの優勝はならなかった。津田学園の長打攻勢に対し、浜松商は主戦湖東遼馬が粘り強く最少失点で抑え、接戦に持ち込んだが、勝ちきれなかった。津田学園は初優勝。

 ▽決勝
 浜松商(静岡1位)
 000210100―4
 101110001x―5
 津田学園(三重1位)
 ▽本塁打 大音、前川(津)
 ▽二塁打 小野田(浜)渡辺(津)
 ▽暴投 栄、降井(津)...    
<記事全文を読む>