春季東北地区高校野球県大会最終日は26日、石巻市民球場で決勝と3位決定戦があり、決勝は仙台育英が東北に8-6で勝ち、4年ぶり24度目の優勝を果たした。3位決定戦は東北学院が聖和学園を4-1で破り、初の東北大会出場を決めた。
 仙台育英は五回、小濃の犠飛で勝ち越すと、七回は千葉の2点適時打などで一挙4点を奪って乱打戦を制した。東北学院は九回、喜早(きそう)の適時打などで勝ち越し、投げては主戦井上が好投して逃げ切った。
 仙台育英、東北、東北学院の3校は6月6~10日に山形市などで行われる東北大会に出場する。組み合わせ抽選会は31日にある。

 ▽決...    
<記事全文を読む>