第71回春季東北地区高校野球県大会最終日の26日、郡山市のヨーク開成山スタジアムで決勝と3位決定戦が行われた。3位決定戦は日大東北がふたば未来を3―1で下し、5年ぶり11度目の東北大会出場を決めた。

 「よっしゃあ」。日大東北の7番打者古川蓮(3年)が終盤7回に値千金の勝ち越し適時三塁打を放ち、塁上で拳を高く突き上げた。

 東日大昌平との準決勝は先発投手に起用されながら、2回4失点と3回ももたずに降板。「3位決定戦は負けられない」。決勝の切符を逃したその悔しさをバットに込めた。

...    
<記事全文を読む>