春季青森県高校野球選手権は第4日の25日、六戸メイプルスタジアムで準決勝2試合を行った。聖愛は初回から打線が奮起し青森商に11-0の五回コールドで勝利した。青森山田は投手陣の好投に打線が着実な加点で応え、弘前東を4-3で下した。聖愛は2年ぶり6回目、青森山田は2年ぶり17回目の東北大会出場の切符をつかんだ。最終日の26日は、同球場で聖愛-青森山田の決勝と、東北大会出場の残り1枠を懸けた青森商-弘前東の3位決定戦を行う。

...    
<記事全文を読む>