中盤に勝ち越したふたば未来が追いすがる福島商5―3で下した。

 ふたば未来が創部5年目にして初の4強入り。「自分が面倒と思われてもいい。試合の流れを読んで投手に声を掛けるようにした」。強打の福島商相手に好投する先発国分渉(3年)を巧みにリード。2年生捕手の前川翔が躍進を続けるチームを支える。

...    
<記事全文を読む>