第66回春季東北地区高校野球県大会は25日に準決勝2試合、26日に決勝と3位決定戦が酒田市光ケ丘野球場で行われる。鶴岡東、山形学院、日大山形、山形城北が4強に進出。本県で来月開催される東北大会の出場枠は3校で、頂点とともに、出場権も懸けた熱戦が繰り広げられる。

 準決勝の第1試合は鶴東―学院。3年ぶりにベスト4入りした鶴東は、2試合とも七回コールドで下して危なげなく勝ち進んだ。5割超の打率をマークする5番森弦起をはじめ、打線は好調を維持し切れ目がない。好機をものにする中軸の勝負強さが際立つ。学院は今大会の「台風の目」だ。1回戦で「春初勝利」を挙げると、2回戦で昨春...    
<記事全文を読む>