聖光学院は5失策に加え、打線もつながらず東日大昌平に6―2で敗れた。

 試合終了後、泣き崩れる聖光学院ナインの姿が、春の3連覇と10大会連続の東北大会出場が絶たれた悔しさを物語っていた。斎藤智也監督は「(支部予選でも敗れ)負けが2度続いたというのは弱いということ」と敗戦を素直に受け入れた。

...    
<記事全文を読む>