第66回春季東北地区高校野球県大会は第4日の20日、酒田市光ケ丘野球場と鶴岡市小真木原野球場で準々決勝4試合を行い、山形城北、山形学院、日大山形、鶴岡東が4強入りを決めた。

 城北は1点を追う八回に逆転し、酒田南を3―2で退けた。学院は序盤から先行し、山形南を5―2で下した。日大は終盤に山形商を突き放し、11―4の八回コールド勝ち。鶴東は敵失にも乗じて点差を広げ、長井を11―2の七回コールドで破った。

 第5日の25日は酒田市光ケ丘野球場で鶴東―学院、日大―城北の準決勝、最終日の26日は同野球場で決勝と3位決定戦が行われる。
<記事全文を読む>