7年ぶりの埼玉開催となった第71回春季関東高校野球大会は18日、県営大宮など3球場で開幕。1回戦3試合と2回戦2試合の計5試合を行い、埼玉県勢は、春秋を通じて関東大会初出場の山村学園が1回戦で水戸商(茨城2位)に6―5でサヨナラ勝ち。18年ぶり2度目出場の東農大三は、1回戦で桐光学園(神奈川2位)に2―11で七回コールド負けした。

 山村学園は4―5の八回に小林の右前適時打で追い付くと、5―5の九回2死一、二塁で平野が中前にサヨナラ打を放った。東農大三は、0―1の四回に打者11人の猛攻を浴び7失点。0―10とされた六回に2点を返したが、七回にも1点を追加された。

<記事全文を読む>