第66回春季東北地区高校野球県大会第2日は18日、野田村のライジングサンスタジアムなど3球場で1回戦6試合が行われ、釜石が延長戦の末、昨秋の県大会4強の大船渡に5-4でサヨナラ勝ちした。

 久慈東は花巻農に6-5で競り勝ち、一関一が千厩との同地区対決を7-4で制した。一関工は水沢工に5-1と快勝。水沢は岩泉に11-1、花北青雲は盛岡三に11-4とそれぞれコールド勝ちした。

 第3日の19日は2回戦8試合を行い、夏の岩手大会のシード権を獲得する8強が決定する。

...    
<記事全文を読む>