学法福島がタイブレークまでもつれた接戦を制した。

 3時間42分に及んだ開幕戦の激闘。学法福島の相曽(あいそ)友輝(3年)の意地の一打が試合の行方を決めた。「ここで打たないとと思っていた」とほっとした表情で振り返った。

...    
<記事全文を読む>