春季青森県高校野球選手権は第1日の17日、開会式に続いて、県内3球場で1回戦6試合を行った。弘前実は木造との「古豪対決」を7-4で制した。聖愛は11-4で三本木に、東奥義塾は10-0で八戸にそれぞれコールド勝ち。このほか、八工大二、五所川原、青森が2回戦に駒を進めた。第2日の18日は3球場で2回戦8試合を行う。

...    
<記事全文を読む>