第71回春季関東地区高校野球大会は18日、埼玉県で開幕し、各都県の予選を突破した代表19校が激突する。本県からは佐野日大(5年ぶり9度目)と栃工(11年ぶり3度目)が出場。佐野日大は18日午後2時からさいたま市営大宮球場で国士舘(東京2位)、栃工は19日午前10時から埼玉県営大宮公園野球場で春日部共栄(埼玉1位)と激突する。両校の戦いぶりを、県予選の成績から展望する。

■切れ目ない打線で勝負 佐野日大

 安定した戦いぶりを見せ2季連続で県大会を制した佐野日大。関東大会では各校の打線のレベルが一段階上がるだけに麦倉洋一(むぎくらよういち)監督は「少なくとも3失点は覚悟しないと。...    
<記事全文を読む>