第71回春季関東高校野球大会は18日、埼玉県営大宮公園野球場、さいたま市営大宮球場、上尾市民球場の3球場で開幕する。1都7県の代表各2校(開催地の埼玉は4校)に推薦のセンバツ準優勝・習志野(千葉)を加えた計19校による熱戦が繰り広げられる。

茨城県からは藤代、水戸商の2校が出場。全国屈指の強豪がひしめく関東大会で上位進出を狙う。

茨城県2位代表の水戸商は開幕日の18日、上尾市民球場で山村学園(埼玉3位)と対戦する。茨城県1位代表の藤代は19日、大宮公園野球場で桐光学園(神奈川2位)と東農大三(埼玉4位)との勝者とぶつかる。

...    
<記事全文を読む>