第67回春季東北高校野球秋田県大会(県高野連主催、秋田魁新報社など後援)は17日、秋田市のこまちスタジアムで開幕した。

 開会式では県北、中央、県南の各地区大会を勝ち上がった計18校の選手らが元気な掛け声とともに、力強く入場行進。選手を代表して大曲農の岡田雄基主将(3年)が選手宣誓を務めた。

 決勝は26日。今大会の上位3校は来月の東北大会(山形県)に出場する。

...    
<記事全文を読む>