半田市有脇地区出身で、今春の選抜高校野球大会で優勝した東邦高野球部の主将石川昂弥選手(17)に、同地区から区民栄誉賞が贈られた。有脇ふれあいセンターで十三日にあった授与式に出席した石川選手は「春は皆さんの期待に応えられてよかった。夏もいい思いができるようにしっかり練習したい」と意気込んだ。

 石川選手は有脇小、亀崎中に通い、東邦高校に進学。春の選抜で主将としてチームをけん引。習志野(千葉)との決勝戦では二本塁打を放ったほか、投手として相手打線を完封し、東邦を平成最後の優勝校に導いた。有脇区では二年ほど前に区民栄誉賞の仕組みができたが、石川選手が第一号。

 有脇区...    
<記事全文を読む>