春の中国高校野球大会(6月1~3日)の組み合わせが別表の通り決まった。開催県の広島は春の県大会4強、他の4県は優勝校の計8校が出場し、三次市のみよし運動公園野球場で熱戦を繰り広げる。

 13年ぶりの優勝を目指す強打の関西は、初出場の広(広島4位)と初戦で対戦する。15年ぶりに春の県大会を制した広島商は、センバツ出場の米子東(鳥取)と当たる。

...    
<記事全文を読む>