第140回春季北信越高校野球県大会(信濃毎日新聞社協賛)の組み合わせ抽選会は7日、県高野連事務局がある松本美須々ケ丘高で行われ、別表の通りに対戦相手が決まった。

 1回戦は地区が異なる1位校と4位校、2位校と3位校が対戦し、地区1位校同士は代表決定戦(準決勝)まで当たらない方式。2季連続優勝を狙う上田西(東信1位)は篠ノ井(北信4位)の挑戦を受け、中信予選を16季ぶりに制した東京都市大塩尻の初戦は飯田(南信4位)に決まった。

 2季連続の北信越大会出場が懸かる東海大諏訪(南信1位)は岩村田(東信4位)、北信予選で3季ぶりに優勝した長野商は木曽青峰(中信4位)と対...    
<記事全文を読む>