高校野球の春季関東大会(18日から5日間、埼玉県)の出場校が7日までに出そろい、組み合わせが決まった。

 神奈川代表の1位東海大相模、2位桐光学園はそれぞれ1回戦から登場し、東海大相模は18日午前11時から県営大宮公園野球場で木更津総合(千葉3位)と対戦。桐光学園は同日午前11時半からさいたま市営大宮球場で東農大三(埼玉4位)と戦う。選抜大会準優勝の習志野(千葉)は推薦枠で2回戦から登場する。

 東海大相模は、2018年夏の甲子園で16強入りした木更津総合の投手リレーを捉えられるか。春季県大会9戦で107得点を奪った強力打線の中心となる山村、...    
<記事全文を読む>