第71回春季関東高校野球県大会第6日は5日、ジェイコム土浦で準決勝2試合を行い、水戸商と藤代が決勝進出し、関東大会(18〜22日・埼玉)への出場を決めた。水戸商は7年ぶり20度目、藤代が12年ぶり2度目。

水戸商は九回、2死満塁から2連打を浴びせ、常総学院に4-3で逆転サヨナラ勝ちした。藤代は13安打を放ち、8-1で鹿島学園に快勝した。

最終日は6日、同球場で午前10時から水戸商-藤代の決勝が行われる。

▽準決勝
水戸商 4-3 常総学院
藤代 8-1 鹿島学園

■6日の試合 <記事全文を読む>