高校野球の春季兵庫県大会(神戸新聞社後援)最終日は4日、明石トーカロ球場であり、決勝で昨秋準優勝の神戸国際大付が5-2で須磨翔風に逆転勝ちし、4年ぶり4度目の栄冠に輝いた。須磨翔風の初優勝はならなかった。

 優勝した神戸国際大付は兵庫代表として、25日に佐藤薬品スタジアム(奈良)で開幕する春季近畿地区大会に出場する。

 3位決定戦は姫路南が8-0の七回コールドゲームで東洋大姫路に快勝した。

...    
<記事全文を読む>