(3日・県営大宮)

 第7日は準決勝2試合を行い、Aシード春日部共栄とBシード浦和実がそれぞれ勝って決勝進出を決めた。浦和実は初、春日部共栄は15年ぶり8度目。

 浦和実はAシード東農大三に4―2で競り勝った。七回に後藤の2点適時二塁打で先制し、2―2の九回に長谷川の中犠飛で勝ち越し、後藤のスクイズで加点した。投手陣は、先発右腕豆田とエース右腕三田の継投で東農大三打線を4安打に抑えた。

 春日部共栄は初登板の先発右腕武藤が1失点完投し、5―1で山村学園に快勝。一回に先頭の黒川が先制ソロ本塁打を放ち、1―1の四回には木村の適時打などで3点を勝ち越し。六...    
<記事全文を読む>