春季県高校野球大会の決勝が三日、岐阜市の岐阜ファミリーパーク野球場であり、大垣日大が4-1で県岐阜商に勝って二年ぶり三度目の優勝を果たした。三位決定戦は、中京学院大中京が岐阜第一に9-2で勝った。

 大垣日大と県岐阜商は県代表として、二十四日に静岡県で開幕する東海大会に出場する。

◆機動力で振り切る

 大垣日大が機動力を生かした効果的な攻めで県岐阜商を振り切った。

 大垣日大は9盗塁を重ねてバッテリーを揺さぶった。二回に伏木のスクイズなどで先制し、五回にも足を絡めて追加点を挙げた。先発の内藤は被安打...    
<記事全文を読む>